CATEGORY

コンフリクト

  • 2021年7月30日

4つの聴き方

4つの聴くモード 「聴く」には4つのモードがあります。 コンフリクト時の話でもあり 日常でも同じです。 1.自分に関心を持って聞く 2.自分は(立場上などで)聞かなければいけないから聞く 3.相手に共感しながら聴く 4.相手の背景すべて(特に相手の関心) に関心を持って聴く 日常、自分に関心を持って […]

  • 2021年7月13日

「自分の関心」に関心を持たれると

初対面の対応 先日、ちょっと用事があって 初めてお会いした方、 一度Web上でお話したことはあるのですけどね。。 マスクの下でも 笑顔がわかる 和む雰囲気は謙虚さからか。 ちょっと話しはじめると すごい聞き上手 視線とうなずき 距離感がちょうどよく 大変話しやすい。 思わず要件に入らずに 話してしま […]

  • 2021年6月27日

地雷を踏むひと言

対話の場での波動 相手が怒っている状態 というのは はっきりしていて わかりやすいのですが 怒りというのは 様々な感情の続きなのです。 不安が強くなると 怒りになります。 怒りは二次的な感情 その背景には 違う感情が隠れています。 日常からつながっていること なのです。 地雷を踏むひと言 怒っている […]

  • 2021年6月14日

学生さんにも知ってほしいコンフリクト

コンフリクトの授業 先日、久しぶりに 学生さんへの講義でした。 大学の部屋を借りてオンライン配信。 少し前にうかがったときには 学生さんの姿がキャンパスにみえたのですが ちょうど新型コロナ増加で 通学禁止となっており 誰もいませんでした。 一人で話していると 反応がみえませんが 仕方がないですね。 […]

  • 2021年5月24日

伝え方のトラブルはどこでも

それを言われると 外出自粛、GWで 家にいる時間が増え、 家族で過ごす時間が増えて ストレスも増えた という特集をやっていました。 「夫に言われて頭にくる一言は?」 の問いに 「(子供が)泣いてるよ」 「トイレットペーパーきれてるよ」 自分でなにかしないのか やってくれってこと? ムッとする妻 積み […]

  • 2021年5月15日

人を動かす仕掛け

人を動かす仕掛け ナッジ理論ってありますね。 行動経済学で注目されている言葉です。 「ナッジ」とは 「ヒジで軽く小突くように 自発的に望ましい行動を選択するように促す」 こと。 相手に強制するのではなく 望ましい行動をとらせることができます。 いろいろな仕掛けがあります。   〇〇に同意す […]

  • 2021年5月3日

小さくコンフリクト。その言い方、こわいんですけど・・

小さくコンフリクト   先日、映画を観てきました。 なんだか気になったので 「騙し絵の牙」 出版業界のお話です。 騙し合いのような駆け引きではありますが 新しいものを求め 創り上げていく人たち スピーディで後味のよい気持ちよさ ときどき直感で惹かれて 観てしまうものには満足します。 こわそ […]

  • 2021年5月1日

環境の要因、個人の要因

環境の要因、個人の要因 ときどき産業医先の企業様から 面談の依頼があります。 うつ?と お休みしたりしてしまう方 専門医のところで 診断されて治療を受けてはいるのですが その後 復帰できそうかとか どんなふうに仕事させたらよいのかとか ご本人から話をうかがいつつ 会社の方ともお話します。 間にはいっ […]

  • 2021年3月30日

情報を得て自分で決める

自分は大丈夫? 最近、診察の最後に 患者さんによく聞かれます。 特にご高齢の方 慢性疾患を持っている方 「あ、ワクチンのことなんですけど・・」 次の質問は同じです。 「私、受けてよいのでしょうか・・」 医療者の接種が始まって 次は高齢者 といっても数が全然 足りていないようですが 何らかの病気を持っ […]

  • 2021年3月27日

コンフリクトを防ぐ説明同意

手術には同意書 手術のときには 「同意書」というものに サインをいただきます。 この内容を説明した という証拠みたいなものですから カルテにきちんと 残しておく必要があります。 大学病院の医療事故で カルテに残っている 説明同意文書(同意書)が 大きな手術にもかかわらず 簡単な記載しかなく 内容も不 […]