ごあいさつ

オフィス 風の道

オフィス 風の道 代表の永井弥生です。
皮膚科の医師ですが、2014年4月から3年半にわたって群馬大学病院の医療の質・安全管理部長を務め、大きな医療事故を発覚させるとともに、その後の対応に取り組みました。

医療事故、もちろん医療として、やるべきことがなされていなければなりません。
しかし、医療は不確実なものでもあります。
医療者と患者さんとの間で生じるコンフリクト。認識のずれや感情への対応の誤解から生じることもあります。

人生100年時代、私たち一人ひとりが自分自身の人生を考えなければなりません。
医療のリスクマネジメントから人生のリスクマネジメントへ、私のこれまでの学びから、お手伝いができることを考えました。

オフィス風の道では医療現場から伝えるコンフリクトマネジメントの講演・セミナー等を通じて、あなたの人生がより充実したものとなるようお手伝いをします。

おだやかに 〜 コンフリクトマネジメントの学びからのストレスへの対処

病院の医療安全管理者として大きな医療事故対応を経験しました。多くの病院で医療事故への対応や改革をお話する機会をいただいています。そんな中で、この経験を伝えること、これまで学んできた医療対話推進をさらに広めること、医療と社会をつなぐ必要性を強く感じました。
医療事故対応、苦情紛争対応でストレスを感じていませんか。コンフリクトマネジメントからの学びと合わせて、苦情や紛争への対応、対話を伝えていきたいと思います。

いやだなと思うことをなくしたい、不安から解放されたいと思う方、
こんなふうになりたい方へ
•苦情・クレームに堂々と対応し、トラブルを冷静に解決できる
•自分の怒りをコントロールする。
•言いたいことを感じよく伝える。
•コミュニケーションがとりやすいステキな人になる。
•ストレスをストレスと感じない自分になる。

起こったことをどう捉えるかはあなたの解釈です。
中立的な自分を作るとはどういうことか。

対話推進の研修から、紛争や怒りの対応、ストレスへの対処を学び、出来事に冷静に対処し、客観視できる自分を作りましょう。

プロフィール

「医療」と「社会」をつなぎ人生のリスクに対処する女性医師としては日本唯一の医療メディエーター協会シニアトレーナーとしても活動。
山形大学医学部卒業後、群馬大学病院に皮膚科医師として勤務。褥瘡治療を専門とし、皮膚科准教授となり診療にあたる。医療事故を発覚させ、日本の医療改革に尽力。
2014年、群馬大学病院の医療安全管理部長として腹腔鏡下肝切除術における医療事故を発覚させ、70件を超える遺族対応などの激務をこなし、3年半にわたり院内の改革に取り組む。特定機能病院に対して、医療安全管理責任者の配置、医師の専従安全管理者をおくことが義務付けられるなど、日本の医療安全改革に尽力する。読売新聞の論点スペシャルや、報道記者の著書『大学病院の奈落』でもその軌跡が記されている。

医療コンフリクト・マネジメントの第一人者として活動。
講演活動にも力を注ぎ、看護師、病院管理者、安全管理担当者からは、「他人事ではない」「怒りに対する考えが変わった」「紛争対応はスタッフ間の対応にも活かせる」など多くの共感を得る。コンフリクトに関するコラムはYahoo!ニュースにも掲載され、医療界大手ウェブサイトでも人気コラムを連載した。

医療と社会をつなぐとともに「人生のリスク」への対応の必要性を感じ、2018年オフィス風の道を設立。「自分の人生に責任を持て」という理念のもと、自分軸を持った人生を送るための活動を指南している。

現在、講演、執筆活動のほか、皮膚科医としての診療、嘱託産業医として11社を担当し多彩な業種に関わり、また、運勢鑑定を活用した個人カウンセリングも行っている。

・掲載コラム m3 医療維新
《永井弥生の「コンフリクト」から医療を視る》
・掲載コラム サンケイビジネスアイ《高論卓説》
・著書「褥瘡がみえる」(南光堂)

<受賞歴>
・日本皮膚科学会ポスター賞
・日本褥瘡学会論文賞
・群馬大学ベストティーチャー賞

オフィス風の道 代表
医療コンフリクトマネージャー

医学博士/皮膚科専門医/産業医
永井 弥生(ながい やよい)

2011年
群馬大学医学部附属病院皮膚科 准教授
2011年~2017年10月
群馬大学医学部附属病院 医療人能力開発センター副センタ―長 女性医師支援部門担当
2012年4月
兵庫県立大学院医学系研究科医療マネジメントコース入学 2013年9月卒業
2013年
群馬大学医学部附属病院 医療安全管理部 副部長
2013年~2018年3月
群馬大学男女共同参画推進室副室長
2014年4月~2017年10月
群馬大学医学部附属病院 医療安全管理部長(名称変更により2014年12月より医療の質・安全管理部長)として医療事故問題に全面的に取り組んだ
2017年10月
群馬大学大学院医学系研究科 総合医療学 准教授
2018年7月
オフィス 風の道 代表、利根中央病院 皮膚科ほか

資 格
医学博士、ヘルスケア修士、皮膚科専門医、産業医
日本医療メディエーター協会 シニアトレーナー