BLOG

  • 2019年8月17日

医療者の責任、自分の責任

先日、素敵な感じの 生命保険のライフプランナーの方と お話しする機会がありました。 保険ありきで紹介するのではなく その人の人生、ビジョン やりたいこと、必要なことを 一緒に確認していく。 そして最後にこれが必要ではと ちらっと提案。 聴くのが仕事 別に保険はよいので、とお話しされていましたが 自然 […]

  • 2019年8月13日

医療事故を経験したご家族による医療の改善を望む活動

自分のカルテをみたら あれっ?と思うことがあるかもしれません。 史上最大人数の医療事故調査報告書 大学病院で事故調査を行うときには 患者さん、ご家族に 必ずカルテ開示をすること と調査委員会の報告書にも書かれており そのように病院の規定も修正しました。 ------------- ある医療事故を経験 […]

  • 2019年8月12日

カルテ開示というと堅苦しいのですが・・

薬を処方するとき 一緒に電子カルテをみながら確認すると 間違いの予防になります。 外来診察していると 記録している電子カルテを のぞき込むようにみている 患者さんがいます。 何も気にしない患者さんもいます。 すんなりと決まった治療をするのであれば 簡単な記録にしてしまうことも 多いのですが 丁寧に説 […]

  • 2019年8月4日

単純ではない、事実から考えて判断すること

先日、久しぶりに ちょっと違う内容の講演 皮膚科×安全管理 の立場から アレルギーにどう対処するか というお話。 これって病院の安全管理という立場につく前から 皮膚科医としてうるさく言ってたのです。 点滴が漏れたときの対応とともに 薬にアレルギーを持つ人の 情報共有とその情報の解釈は 医療者が考えな […]

  • 2019年8月2日

男性脳と女性脳の違いを実感する

先日、いくべき仕事をすっかり忘れてしまう という大失敗 大反省・・ 少し立ち直ってから とある男性に話しました。 「こんなことしちゃって なぜだろう・・ うーん、初めてだ・・」 「スマホに管理しておいて 1週間のスケジュールをいれて こうやって確認すれば 絶対忘れないし・・・」 完璧な対策の説明。 […]

  • 2019年8月1日

エラーという言葉が誤解されませんように

医療における3つのリスクマネジメント エラー:薬間違い、人間違い、などの明らかなミス クオリティ:術後の合併症が多い、死亡率が高いなど、医療の質に関すること コンフリクト:医療紛争を含む患者さんへの対応 と説明してきました。 医療安全への対策はまずエラーへの対策が進みました。 医療安全を担当するもの […]

  • 2019年7月25日

組織とはどうあるべき?

先日、医療者ではない方とお話していて 思わずコンフリクトマネジメントについて 大共感!!だったのです。 普通学ぶ機会ってないですよね。 学生さんに話すと、バイトで役立ちます!と言われます。 ------------- それは必要!と ------------- 先日、紹介された方 医療関係の方ではな […]

  • 2019年7月18日

エラーからコンフリクト

医療事故の報道 たくさんあります。 問題となる場合自ら公表しています。 その後の対応、重要なのです。 先日のニュース 検診で「要精査」だったのに 誤って「異常なし」と報告し、 患者が死亡した と報道されていました。 シンプルに読むと 市民健康センター、ひどいなあ で終わりですが、 なぜこんなことが起 […]

  • 2019年7月13日

衆議院選挙に出馬したときのこと

実は2017年に 衆議院選挙に出馬したのです。 比例単独なので 街頭演説とかはしていませんが・・。 高齢化社会 社会保障の問題 関心はありました。 このままいくと 大変なことですよ・・と。 政治塾で議論しました。 ------------ 政治塾に惹かれたら ------------ なぜ突然、政治 […]

  • 2019年7月8日

回答の方向が違うと・・

外来で診療していると いろいろな会話があります。 質問へのお答え・・ 「かゆいのはいつからですか?」 「こっちがこんなふうになっていて 先週はもっと赤くて・・」 「何か心当たりがありますか?」 「昨日の夜はかゆくて寝られなくて」 「薬のアレルギーはありますか?」 「薬はたくさん飲んでるよ!」 ご高齢 […]