TAG

人生の目標

  • 2022年1月23日

《読書ブログ》危ない読書

危ない読書 佐藤優(SB新書) 教養の幅を広げる「悪書」のすすめ 強烈な著者の強烈なタイトルの本 何を勧めているのかと 思わず手にとりたくなります。 独裁者の自伝から 思想犯の手記まで 世界の見え方が一変するエグい20冊 著者のいう「悪書」とは 強烈な個性を放つザラザラした本 著者の選書の基準は ・ […]

  • 2022年1月22日

今年の目標つくり

今年の目標つくり 今年の目標立てましたか? 人生の目的はマインドツリーにしてみましたが 2022年の目標はもう少し具体的に 実現可能性のある 目に見える 期限と数値を入れて 立てます。 見返さないと忘れます。 昨年の目標ですら 3つくらいしか達成していない。 でも2022年は 今までで一番しっくりく […]

  • 2022年1月21日

 《読書ブログ》土偶を読む

土偶を読む 竹倉史人(晶文社) 土偶・・って なんの関心もありませんでしたが 雑誌で書評をみつけて なんだかとても読みたくなって アマゾン買いしました。 いや〜、面白かったです!! なぜそうなるの? と証拠集めをしていく、 ミステリー小説みたいです。 著者は人類学者ですが 世界各地の神話や儀式を調べ […]

  • 2022年1月19日

《読書ブログ》テスカトリポカ

テスカトリポカ 佐藤究(KADOKAWA) 積んであった2021年直木賞作品 やっと読みました。 過激な描写はちょっと という方には刺激が強いかもしれません。 テスカトリポカとは 煙を吐く鏡 アステカ神話に伝わる儀式から つながっています。 麻薬カルテルの攻防から 中国黒社会、イスラムテロ集団 日本 […]

  • 2022年1月18日

《読書ブログ》コロナ後の世界

コロナ後の世界 内田樹(文藝春秋) コロナはお腹いっぱいかもしれませんが コロナ禍にあちこちに書かれた原稿、 日本の課題を振り返ることができます。 「生きている」気がしなくなる国 痛烈な言葉 人々が不寛容になっている 尖った言葉を使っている と言いながら 「尖った言葉が行き交う 現代社会を憂えて 人 […]

  • 2022年1月18日

壬寅の年

2022年は? 2022年の干支は 壬寅(みずのえとら) 寅年だけ注目されがちですが 干支(えと)は 十干(じゅっかん)十二支の組み合わせです。 10と12なので少しずつずれていって 60年で戻ります。 「壬」は女性が子供を宿す 「妊」の一部であることから はらむ、生まれる、という意味があります。 […]

  • 2022年1月17日

学校の先生方に向けての講演です

保健室コーチングで大活躍の 桑原朱美先生が主催する 「第13回全国保健室コーチング研究大会」で 講演です。 (オンライン)   大会の申し込みは 以下のサイトから! https://1lejend.com/c/yhFI/yY0x/I6JB5/   コンフリクトはどこでも 病院なら […]

  • 2022年1月16日

2021年の漢字

2021年の漢字 2021年の漢字は 「金」とのことでしたが 自分にとっての今年を表す漢字 何でしょうか。 私はちょっと考えたのですが 「楽」 にしました。 楽に生きる 楽しく生きる 遊ぶことだけが楽しいのではなく 楽しく仕事ができるように考える 楽に息抜きをする時間を大事にする そんなことに 気づ […]

  • 2022年1月10日

《読書ブログ》小説家になって億を稼ごう

小説家になって億を稼ごう 松岡圭祐 (新潮新書) そんなの無理! といきなりNGワードを 出してしまいそうなタイトルです。 そんな気持ちにはお構いなしに 年収1億円の作家を思い描け、と どんどん進みます。 「想造」 登場人物を決め、キャラクターを描き、 視覚的に思いうかべた空想物語を 脳内で作り出す […]

  • 2022年1月9日

《読書ブログ》ジェイソン流 お金の増やし方

ジェイソン流 お金の増やし方 厚切りジェイソン(ぴあ) ちょっと話題の本なので 読んでみました。 それにしてもすごい芸名・・ アメリカのIT企業から 日本で芸人に コツコツ投資で 家族が一生暮らせるだけの資産を 15年で築きました。 アメリカでは公的補助が乏しいので 老後の資金を自分でなんとかするの […]