CATEGORY

皮膚科

  • 2019年8月4日

単純ではない、事実から考えて判断すること

先日、久しぶりに ちょっと違う内容の講演 皮膚科×安全管理 の立場から アレルギーにどう対処するか というお話。 これって病院の安全管理という立場につく前から 皮膚科医としてうるさく言ってたのです。 点滴が漏れたときの対応とともに 薬にアレルギーを持つ人の 情報共有とその情報の解釈は 医療者が考えな […]

  • 2019年7月7日

「ステロイド拒否の患者さん」と言われたら

皮膚科医としてのお話。 最近は少なくなりましたが アトピー性皮膚炎の患者さんで 「ステロイドは塗りたくありません」 という方がいます。 一時、皮膚科でも 脱ステロイドがよい、 といった方向になった時期もありましたが それは間違っている アトピー性皮膚炎の治療の基本は ステロイド軟膏を塗って きちんと […]

  • 2019年3月30日

点滴漏れ後の皮膚潰瘍から

今、非常勤勤務している病院は 以前8年間、常勤で勤務していたことがあります。 先日、久しぶりに 懐かしい患者さんに会いました。 20年以上前ですが、他の診療科で治療中 ある薬を入れた点滴が 血管から外に漏れてしまい 皮膚に大きな潰瘍を作ってしまったのを 長く治療していた方です。 抗がん剤の点滴が漏れ […]

  • 2019年3月19日

不満を買い取る!?

ひどい褥瘡(とこずれ)の方が 状態が悪く病院に搬送されてきて 大胆な切開が必要となることがあります。 昔はひどい褥瘡が、 発生してから気づかれることがたくさんありましたが 今やチームで取り組む疾患の代表 看護師さんのケアにすっかりお任せだし そのほかの医療者の関心も高く 予防がしっかりされるようにな […]

  • 2019年2月17日

100歳でも手術

最近、メスを持つ機会が増えています。 以前はかなり大きな手術を たくさん行っていました。 医療安全管理の仕事をやっていたころは もう皮膚科の手術をすることはないと 思っていたのですが、 また手術を行うようになったら、 どんどん増えていきます。 久しぶりの手術もあって 本当はちょっと緊張したのですが、 […]