CATEGORY

医療

  • 2021年2月19日

外用薬も先発品と後発品は同じではない

後発医薬品のお話 久しぶりに 後発医薬品は先発と同じではない というお話。 後発医薬品とは 先発のものと主成分は同じだけど その他に混ぜるものは 違うという製品です。 ジェネリックと呼ばれているもので こちらのほうが安いので 国がこちらへの転換を 一生懸命進めています。 医療費削減のためです。 病院 […]

  • 2021年1月24日

健康とは苦難にあっても前向きに歩く回復力

健康の定義 健康でありたい 健康であることが大事 と多くの人が考えるのかもしれません。 そもそも「健康」ってどういうこと? 人によって考えることは違うのでは? 実は定義があります。 おなじみWHOの定義です。 「健康とは、身体的、精神的 社会的にすべてが 『完全に良好な状態』であり 単に病気がないと […]

  • 2020年12月22日

今の常識はいずれ非常識かも

キズの患者さんばかりで・・ 冬はやけどの患者さんが増えます。 気をつけてくださいね。 そのほかのキズの治療もしばしばです。 キズの治療も時代の変遷が激しく 昔の常識は今の非常識。 現場で使う頻度が めっきり減ったのが 消毒。 今は、キズは洗う!! ということで 洗って軟膏を塗るというのが 定番です。 […]

  • 2020年12月12日

行動してみてわかること

病院の評価 日々衝撃が走る医療界ですが 私の勤務する病院では 先日、医療機能評価というのが 行われていました。 私は何も関わりませんでしたが。。 日本医療機能評価機構 というのがありまして そこの認定を受けている病院 という公的なお墨付きをいただく という感じです。 結構、準備は大変で 大騒ぎです。 […]

  • 2020年12月12日

危機です・・

コロナ専門病院も現実は もうさすがに誰もがわかっているはずの状況 医療崩壊 あちこちで叫ばれています。 クラスター 職員の離職 大阪では非常事態の赤信号 重症病床が70%近く埋まるというのは かなり危機です。 大阪の新型コロナ専門病院も 一息ついたころに 本も出版されていて スゴイなあと思ったのです […]

  • 2020年12月4日

「ガン」とひとまとめは大雑把

10年生存率 先日の新聞記事 「がん10年生存率58.3%」 1.1%上昇、改善続く という見出し。 高いと思うか 低いと思うか 別に関心ないか 人によって反応はいろいろでしょう。 10年過ぎた・・ 例外はもちろんありますが ほぼ寿命への 影響はなくなったと考えられる方が多い そんな意味合いが込めら […]

  • 2020年11月30日

舌小帯って知っていますか?

舌小帯が邪魔をする 舌トレーニングをしていて 「舌小帯」の話がでてびっくりです。 「舌小帯」って知ってますか? 舌を上げると 中央に舌を下面とつなぐように 縦に走る線状のものです。 実は皮膚科医には 大変なじみのあるものなのです。 皮膚科医といっても 全部ではないかもしれませんが。。 膠原病という […]

  • 2020年11月25日

低い死亡率と長い戦い

事実の前に 新型コロナ GoToトラベル見直し 一部中止 進んでおります。 現場の医療崩壊を懸念しての 医療界が強い意見 東京都医師会長さんは 温厚そうですが 今回は強く主張 温厚なところがないと 政府と長くうまくやっていくことは できないのでしょう。 日本医師会長も 全国で医療崩壊の危機 とかなり […]

  • 2020年10月20日

誰かの役に立ちますように

先日、皮膚がん早期発見の 啓発活動ということで インスタグラムのインフルエンサーに 「皮膚を注意して見よう」 と発信してもらうという 某製薬会社の企画があり その前に勉強会を開くということで 講師をさせていただきました。 zoomでしたが インフルエンサー20名は なかなか壮観 でも皆さんとても熱心 […]

  • 2020年10月2日

AI時代がもたらすもの

家に帰れば自動で電気がついて 電化製品が作動する という世界も すでに現実のこと でもなんとなく そんなに全部自動でなくても 良いのだけど とアナログから 抜けられないような気もします。 医療もAI時代へ AI(人工知能)ホスピタル という記事が目に入りました。 これまでにないスピードで 進化し続け […]