CATEGORY

医療

  • 2021年5月13日

いつ何をどうするか

いつ何をどうするか 新型コロナの死亡者増加 病院に入れないから施設のままで 悪化したらお看取りになる 呼吸器管理まではしないはずの 中等症までの方を見るはずの病院で 重症者をみている。 医療の技術はもちろんですが 常に判断が必要です。 どんな治療をいつするか 状態が変化したら 次の治療をどうするか […]

  • 2021年5月8日

その検査の中身は?

医療者と患者さんとのズレ いろいろあります。 時々いらっしゃるのですが 「ここで検査してるから 人間ドックは受けないよ」 「検診は受けていません 病院に来てるから・・」 「ここでは全部を みているわけではないんだから ガンとか心配だったら 受けてくださいね」 「血液検査をしましょう」 「糖尿病で他に […]

  • 2021年5月5日

人生の覚悟が必要

今までとは違う 新型コロナ第4波 変異株の勢いが止まらないですね。 こんな世の中が まだまだ先が見えずに続くとは だれも予測しなかったかもしれません。 新型コロナの重症患者で あふれる医療現場が 報道されていました。 比較的若い方でも急速に重症化する 感染者の人数だけではない 恐ろしさ 医療現場を限 […]

  • 2021年3月5日

インフルは消えている!?

インフル患者? 先日、診察していたら 向かいの診察室から 声が聞こえたのですが どうも患者さんが インフルエンザの治癒証明書を 書いてほしい と言ってきたらしいのです。 で、ドクターは 「インフルエンザなんて 言ってない!」 「どうしてそんなことに?」 「インフルエンザの可能性も? くらいは言ったか […]

  • 2021年2月26日

花粉の集まる場所

市販薬を上手に 季節がら 産業医の講話で 花粉症の話をとりあげます。 目や鼻は専門ではありませんが かゆみで処方する 抗アレルギー薬は 花粉症にもよく使われるものなので かゆみがよくなってもこの時期は 「もう少し薬ください!」 という患者さんも多いのです。 市販で売っている アレグラ、アレジオン、 […]

  • 2021年2月19日

外用薬も先発品と後発品は同じではない

後発医薬品のお話 久しぶりに 後発医薬品は先発と同じではない というお話。 後発医薬品とは 先発のものと主成分は同じだけど その他に混ぜるものは 違うという製品です。 ジェネリックと呼ばれているもので こちらのほうが安いので 国がこちらへの転換を 一生懸命進めています。 医療費削減のためです。 病院 […]

  • 2021年1月24日

健康とは苦難にあっても前向きに歩く回復力

健康の定義 健康でありたい 健康であることが大事 と多くの人が考えるのかもしれません。 そもそも「健康」ってどういうこと? 人によって考えることは違うのでは? 実は定義があります。 おなじみWHOの定義です。 「健康とは、身体的、精神的 社会的にすべてが 『完全に良好な状態』であり 単に病気がないと […]

  • 2020年12月22日

今の常識はいずれ非常識かも

キズの患者さんばかりで・・ 冬はやけどの患者さんが増えます。 気をつけてくださいね。 そのほかのキズの治療もしばしばです。 キズの治療も時代の変遷が激しく 昔の常識は今の非常識。 現場で使う頻度が めっきり減ったのが 消毒。 今は、キズは洗う!! ということで 洗って軟膏を塗るというのが 定番です。 […]

  • 2020年12月12日

行動してみてわかること

病院の評価 日々衝撃が走る医療界ですが 私の勤務する病院では 先日、医療機能評価というのが 行われていました。 私は何も関わりませんでしたが。。 日本医療機能評価機構 というのがありまして そこの認定を受けている病院 という公的なお墨付きをいただく という感じです。 結構、準備は大変で 大騒ぎです。 […]

  • 2020年12月12日

危機です・・

コロナ専門病院も現実は もうさすがに誰もがわかっているはずの状況 医療崩壊 あちこちで叫ばれています。 クラスター 職員の離職 大阪では非常事態の赤信号 重症病床が70%近く埋まるというのは かなり危機です。 大阪の新型コロナ専門病院も 一息ついたころに 本も出版されていて スゴイなあと思ったのです […]