■2019年6月3日

事故後に重なるもの

———————
原子力研究組織で
———————

2019年5月24日、茨城県東海村の
J-PARC センターで講演の機会を
いただきました。

日本原子力研究開発機構と
高エネルギー加速器研究機構

という組織。

世界最先端を行く
原子力実験施設。

以前に放射性同位物質
漏洩事故が問題となり

安全の日と称して
毎年研修会を行っています。

リスクやコンフリクトのお話を
医療機関以外でさせていただくのは
初めてでした。

医療界でも異業種のリスクマネジメントから
学ぶことは時々ありますが、

施設の方で
医療の話をと考えていたところ

群馬大学病院での事故調査のときに
関わられていた他の大学の先生が

私を勧めてくださったとのこと、
ありがたいです。

中に入るのにもチェックがあり

広大な敷地の中を
少し案内していただきました。

静かな建物の中にある最先端技術
想像できない規模ですね。


——————–
「人」の力
———————

タイトルは

「強く安全な組織に必要な『人』の力」

初めてのタイトルですが

医療事故や紛争対応の経験を通して
他の組織で私が伝えられるのはこれだなあと
すんなりと思いつきました。

個人がエラーをしないという
安全への意識はもちろんですが

チームとして強くなることが必要です。

大学病院でも
医療事故発覚後に取り組んだのは

様々なシステムや人の意識を変えるための
取り組みとともに

職種を超えて
伝えたいことを伝えられる
助け合える組織

チームとして強くなるため体制作り。

病院も含め組織は
個人が専門技術を持った
プロフェッショナルの集団

事故があったから忘れないように
組織としてのチーム力も大事

そんな意識が高く
真摯に取り組んでいる方々の中で

とても気持ちよく
お話できたのでした。

「八甲田山死の彷徨」の例も
また使ってしまいました。

変わらないものがある・・

と思うのです。

——————–
伝えつないでいくもの
———————

講演のあと

「J-PARC放射性物質漏洩事故」

記録映像が上映されました。

当時の出来事、報道の映像などを
コンパクトに編集されており

事故を知らない職員にも
安全への意識を高めるために
わかりやすく伝わるものでした。

大きな出来事があっても
時間とともに記憶が薄れていく

忘れてはいけないものとして
伝えていく

そんな気持ちが詰まった
わかりやすい映像でした。

近隣住民の方に
信頼を復活させるために取り組む
説明会の様子は

大学病院での事故発覚当時
記者会見やご遺族対応と
重なりました。

最先端技術を支える

「人」

巨大な実験施設でも
外部の人とのつながりも必要

コンフリクトマネジメント
大切ですね。

*:.。*・゜゜・*:.。..
最後に支える「人」
*:.。*・゜゜・*:.。..

無料メール講座&PDF プレゼント
【コンフリクトマネジメントのための無料メルマガ「苦情紛争/怒りの対応はこわくない~医療現場から」】 登録はこちらから
→ https://55auto.biz/kazenomichi/touroku/entryform1.htm

お問い合わせはこちら
→ http://kazeno-michi.com/wp/contactus/

ページトップへ