【ドクター永井の皮膚科】糖尿病の人は足をみる

糖尿病の人は足をみる

 

糖尿病の人は足にいろいろなことが起こります。

糖尿病の方に足のトラブルが起こる原因
・大中血管の動脈硬化:血管が詰まる
・細小血管病変:小さな血管の炎症で皮膚に水疱ができたり傷になったりしやすい
・神経障害:交感神経障害による発汗低下、知覚低下によって外傷に気づかない。
運動神経障害から骨格筋の萎縮
足の変形が起こってタコなどの神経障害
糖尿病性水疱、潰瘍、壊疽となり感染を起こすこともあります。

 

 

予防と生活指導が大事です。
血糖コントロール、フットケア、家族にも協力してもらう
靴ずれなどできずができないように気をつける
タコ・ウオノメ、水虫の治療、爪のケア、皮膚の乾燥予防など

まず足をみることからです。

 

 

▼▼

風の道メルマガ 人生を豊かにする大人の学び

登録はこちら

https://kazeno-michi.com/present/

 

▼▼

【YouTube】「風の道」チャンネル  

ドクター永井の皮膚科

https://www.youtube.com/channel/UCJQ75viVs-Dc3Xqm3SLReOQ/

 

 研修/講演のお問い合わせ

→ https://kazeno-michi.com/contactus