ブログ始めました ~自己紹介~

オフィス「風の道」の永井弥生です。

皮膚科の医師であり、元医療安全管理者。
大きな問題となった群馬大学病院の医療事故を発覚させ
その後3年半にわたって院内改革やご遺族の対応に当たりました。

そして「風の道」へ・・。

まずは自己紹介から

私は生まれも育ちも群馬県、
群馬県ほぼ中央に位置する渋川市というところです。

父はサラリーマン、母は専業主婦
小学校3年生のときに1年間、
温泉とスキーで有名な草津町に住んでいました。
その後、小学4年生の時にはキャベツとスケートで有名な
嬬恋村に移り1年間を過ごしました。

なぜかこのころ
「私は医者になる」と決心したのでした。

前橋女子高校を卒業、山形大学で6年間を過ごしました。

卒業して群馬に戻り、群馬大学病院で皮膚科の研修医
大学病院と県内の病院で皮膚科医として勤務、
医師5年目くらいから仕事のスイッチがはいりました。

8年間、県内の同じ病院で勤務、
でも自分自身、このままずっとでよいのか
もっと学ぶことがあるのでは、
と思うようになりました。

2003年、大学病院に戻らせていただき、
皮膚科医として多くの経験をさせていただきました。

コンフリクトマネジメントに出会う

2008年から2年間、
大学病院の医師ゼネラルリスクマネージャーとして、
医療安全管理の仕事に就く機会をいただきました。

その後、女性医師支援部門の責任者となり
いったん安全管理の仕事は離れましたが、

ボタンの掛け違いで医療紛争が起こる、
対話を学ぶ場はないのか?と思い知ったのが

医療メディエーション

コンフリクト・マネジメントを学び始めました。
なんだか夢中になり
4年間をかけて医療メディエーター協会のシニアトレーナー
となりました。

2011年から、コンフリクトマネジメントのセミナーを大学病院や群馬県内で始め、
2013年、大学病院の医師ゼネラルリスクマネージャーとして
医療安全管理の仕事に戻らせていただきました。

そして、再びこの仕事をする中で、このままではいけない、と感じました。
2014年、専従の医療安全管理部長としてほしいとお願いしました。

医療事故を発覚させコンフリクトの対応を

部長となって間もなくの2014年6月、同院における医療事故に気づきました。
大きな問題となりました。

2017年10月までの3年半、事故調査、病院の改革、
ご遺族の対応などに当たる日々

人生を変える大きな出来事です。
でも、組織も大きく変わりました。

この職を離れることになってからも
多くの病院、学会などで、医療事故の話をする機会をいただきました。

この経験をどうやって活かすのかと考えて学び、行動するうちに、
様々な気づきがありました。

そして「風の道」へ・・。

 

なんとなく違和感を感じたら、
どうしようという不安を感じたら、

行動!です。

思いがけない出会いとチャンスが巡ってきます。

 

コンフリクトマネジメント無料メール講座&PDF資料 プレゼント
【コンフリクトマネジメントのための無料メルマガ「苦情紛争/怒りの対応はこわくない~医療現場から」】 」
登録はこちらから
→ https://kazeno-michi.com/present/

週4回の朝のメールマガジンもお届けしています。

講演・研修お申し込み/お問い合わせはこちら
→ https://kazeno-michi.com/contactus/